野球少年の唄

さまざまな野球情報をお届けします

【高校野球】夏の甲子園 2017 作新学院 メンバー・戦力分析

      2017/08/08

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。


【高校野球】2017 夏の甲子園大会 地方予選の日程一覧


【高校野球】夏の甲子園大会 2017 組み合わせ・速報・結果

 
 

今回は
栃木県 代表
7年連続 13回目の出場を果たした
作新学院のメンバーや戦力について
まとめました。

 

 

作新学院について

 

作新学院高等学校

【所在地】宇都宮市一の沢 1-1-41

【部員数】93人

【監督】小針崇宏

 
スポンサードリンク





 

地方大会の時のメンバー

【名前】大関秀太郎(3年)

【背番号】1

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.143

【身長・体重】172㎝・70㎏

【出身中学】陽南

【名前】加藤翼(3年)

【背番号】2

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.400

【身長・体重】174㎝・68

【出身中学】今市

【名前】七井祐史(3年)

【背番号】3

【守備】一塁手

【投打】右・左

【打率】.320

【身長・体重】175㎝・73㎏

【出身中学】芳賀

【名前】石戸智也(3年)

【背番号】4

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.381

【身長・体重】165㎝・60㎏

【出身中学】雀宮

【名前】中島淳(3年)

【背番号】5

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.391

【身長・体重】178㎝・80㎏

【出身中学】高南(群馬)

【名前】添田真聖(3年) 主将

【背番号】6

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.400

【身長・体重】170㎝・67

【出身中学】今市

【名前】相原光星(3年)

【背番号】7

【守備】左翼手

【投打】右・左

【打率】.346

【身長・体重】174㎝・74kg

【出身中学】清原

【名前】鈴木萌斗(3年)

【背番号】8

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.565

【身長・体重】182㎝・75㎏

【出身中学】旭

【名前】大久保湧史(3年)

【背番号】9

【守備】右翼手

【投打】右・右

【打率】.533

【身長・体重】177㎝・75㎏

【出身中学】大沢

【名前】篠原聖弥

【背番号】10

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】182㎝・68㎏

【出身中学】鹿沼・東

【名前】高山陽成(2年)

【背番号】11

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】176㎝・67㎏

【出身中学】西那須野

【名前】磯一輝(2年)

【背番号】12

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】176㎝・68㎏

【出身中学】明治

【名前】池沢快斗(3年)

【背番号】13

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】173㎝・72㎏

【出身中学】古里

【名前】宇井健人(3年)

【背番号】14

【投打】右・左

【打率】.286

【身長・体重】175㎝・67㎏

【出身中学】北押原

【名前】小田桐大(2年)

【背番号】15

【投打】右・右

【身長・体重】170㎝・70㎏

【出身中学】陽南

【名前】丸山翔平(3年)

【背番号】16

【投打】左・左

【身長・体重】168㎝・68㎏

【出身中学】北押原

【名前】原田祐貴(3年)

【背番号】17

【投打】右・右

【身長・体重】172㎝・72㎏

【出身中学】城山

【名前】染谷凛太郎(3年)

【背番号】18

【投打】左・左

【身長・体重】174㎝・74㎏

【出身中学】陽西

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

作新学院 11-4 宇都宮工

作新学院 13-2 宇都宮南
(6回コールド)

作新学院 5-1 小山西

作新学院 8-0 矢板中央
(7回コールド)

作新学院 3-2 青藍泰斗

作新学院 15-1 国学院栃木

 

【今回の作新学院のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ A
日刊   A
報知   A
中日   A
サンケイ A

やはり
優勝候補筆頭に挙げられていますね。

 

 

【戦力分析】

昨夏に全国制覇を果たし
7年連続で夏の甲子園出場を決めた
作新学院。

投手陣は、
エース左腕 大関秀太郎投手と
長身を生かして投げ下ろす右腕
篠原聖弥投手が軸で
ともに制球力に優れた技巧派です。

大関投手は今春の選抜で先発登板も経験、
栃木大会の宇都宮工との初戦では、
5回4失点と不安定さもありましたが、
徐々に調子を上げてきています。

篠原投手は、
春の県大会 全5試合で先発し
存在感を示しており、
栃木大会でも2失点と安定感を発揮しています。

 

打線は、
昨夏を経験した鈴木萌斗選手と
主将の添田真聖選手の2人が軸となります。

スイングの鋭さと俊足が魅力の
鈴木選手は、
チームトップの打率.565、

バットコントロールの良い添田選手は、
打率.400と安定。

そして
逆方向にも打てる相原光星選手ら左打者と
どっしりとしたスイングで長打を放つ
右の強打者 中島淳や、
小柄ながら広角に長打を放つ石戸智也らが
バランスよく配置された強力打線。

いったん流れに乗った時の破壊力は抜群で
足を絡めた攻撃で
栃木県勢初の夏連覇を狙います。

 


【関連記事】


【高校野球】夏の甲子園大会 2017 優勝候補・展望を予想!

 

スポンサードリンク




 

 - 高校野球