野球少年の唄

さまざまな野球情報をお届けします

【高校野球】夏の甲子園 2017 済美 メンバー・戦力分析

      2017/08/08

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

 

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。


【高校野球】2017 夏の甲子園大会 地方予選の日程一覧


【高校野球】夏の甲子園大会 2017 組み合わせ・速報・結果

 

 

今回は
愛媛県の代表
4年ぶり5回目の出場を決めた
済美のメンバーや戦力について
まとめました。

 

済美について

 
【所在地】松山市湊町7-9-1

【部員数】47

【監督】中矢太

 

スポンサードリンク




 

 

地方大会の時のメンバー

【名前】八塚凌二(3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.450

【身長・体重】175㎝・77㎏

【出身中学】新居浜・南

【名前】橋本圭介(3年)

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.313

【身長・体重】174㎝・82㎏

【出身中学】松山・南

【名前】宇都宮佑弥(3年)

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.348

【身長・体重】163㎝・90㎏

【出身中学】勝山

【名前】脇田怜和(3年)

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】170㎝・70㎏

【出身中学】西宇治(京都)

【名前】亀岡京平(3年)

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.550

【身長・体重】172㎝・87㎏

【出身中学】港南

【名前】矢野功一郎

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.400

【身長・体重】171㎝・63㎏

【出身中学】今治・南

【名前】吉岡秀太朗

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.421

【身長・体重】179㎝・82㎏

【出身中学】垣生

【名前】渡辺大誠(3年)

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.350

【身長・体重】178㎝・70kg

【出身中学】桜井

【名前】白石晃大(3年)

【守備】右翼手

【投打】左・左

【打率】.364

【身長・体重】176㎝・74㎏

【出身中学】松山・南

【名前】影山尭紀(3年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.600

【身長・体重】173㎝・77㎏

【出身中学】宇和海

【名前】栗田智輝(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】174㎝・68㎏

【出身中学】平戸(神奈川)

【名前】政吉完哉(2年)

【投打】右・右

【身長・体重】167㎝・62㎏

【出身中学】片塩(奈良)

【名前】篠浦颯斗(3年)

【投打】右・右

【打率】1.000

【身長・体重】177㎝・77㎏

【出身中学】桑原(愛媛)

【名前】伊藤駿吾(2年)

【投打】右・右

【打率】.250

【身長・体重】171㎝・67㎏

【出身中学】井口(広島)

【名前】池内優一(2年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】180㎝・81㎏

【出身中学】内宮

【名前】井上悠平(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】164㎝・63㎏

【出身中学】山王(神奈川)

【名前】須賀晧稀(3年)

【投打】右・左

【身長・体重】163㎝・62㎏

【出身中学】内宮

【名前】中村琉星(3年)

【投打】右・左

【身長・体重】170㎝・70㎏

【出身中学】吹田一(大阪)

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 
【地方大会】
 
済美 8-5 新田

済美 8-4 松山中央

■準々決勝
済美 7-0 大洲
(7回コールド)

■準決勝
済美 5-2 松山聖陵

■決勝
済美 10-3 帝京五
 
 
【今回の済美 スポーツ紙の評価】
 
※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   B
報知   B
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】
 
戦力が充実している済美は、
今年の愛媛大会では
チーム打率.400と好調。

今春の選抜大会に出場した帝京五と
決勝で対戦、
その強力打線で20安打10得点と圧倒し
4年ぶり5回目の夏の甲子園出場を決めました。

 

投手陣は
エースで四番、主将の八塚凌二投手と
左腕 影山尭紀投手の2人が中心。

140キロほどの球威ある直球を丁寧に制球し
スライダーやチェンジアップなどの変化球にも
キレがある八塚投手は、
愛媛大会では
初戦で5点を失いましたが
松山聖陵との準決勝では無四死球で完投しました。

 

また、
テンポのよい投球が持ち味の影山投手は
準々決勝で先発し2試合で救援。

大洲との対戦では
6回を被安打2と好投し、
安定感があります。

4年ぶりの甲子園で
どこまで勝ち進むことができるか
楽しみです。

スポンサードリンク





【関連記事】


【高校野球】夏の甲子園大会 2017 優勝候補・展望を予想!

 

 - 高校野球