野球少年の唄

さまざまな野球情報をお届けします

【高校野球】夏の甲子園 2017 波佐見 メンバー・戦力分析

      2017/08/08

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

 

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

 

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。


【高校野球】2017 夏の甲子園大会 地方予選の日程一覧


【高校野球】夏の甲子園大会 2017 組み合わせ・速報・結果

 
 

今回は16年ぶり3回目の出場を決めた
長崎県の代表
波佐見のメンバーや戦力について
まとめました。

 

 

波佐見について

 

長崎県立波佐見高等学校

【所在地】波佐見町長野郷 312-5

【部員数】67人

【監督】得永健

 
スポンサードリンク





 

地方大会の時のメンバー

 

【名前】村川竜也(3年)

【背番号】1

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.714

【身長・体重】173㎝・69㎏

【出身中学】波佐見

【名前】山口裕聖(3年)

【背番号】2

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.364

【身長・体重】174㎝・73㎏

【出身中学】波佐見

【名前】川口侑宏(3年)

【背番号】3

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】180㎝・89㎏

【出身中学】波佐見

【名前】中沢宏太(3年)

【背番号】4

【守備】二塁手

【投打】右・左

【打率】.316

【身長・体重】169㎝・60㎏

【出身中学】波佐見

【名前】浜田倫(3年) 主将

【背番号】5

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.316

【身長・体重】173㎝・79㎏

【出身中学】祇園

【名前】村川大介(3年)

【背番号】6

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.583

【身長・体重】167㎝・62㎏

【出身中学】波佐見

【名前】内野裕太(2年)

【背番号】7

【守備】左翼手

【投打】右・左

【打率】.222

【身長・体重】175㎝・83㎏

【出身中学】西彼

【名前】早熊拳太(2年)

【背番号】8

【守備】中堅手

【投打】右・右

【打率】.400

【身長・体重】172㎝・77㎏

【出身中学】長崎・琴海

【名前】中島蕉陽(3年)

【背番号】9

【守備】右翼手

【投打】右・右

【打率】.250

【身長・体重】173㎝・71㎏

【出身中学】波佐見

【名前】隈田知一郎(3年)

【背番号】10

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.083

【身長・体重】172㎝・66㎏

【出身中学】西大村

【名前】山口祥輝(2年)

【背番号】11

【投打】右・右

【身長・体重】177㎝・78㎏

【出身中学】長与

【名前】松尾蓮(2年)

【背番号】12

【投打】右・右

【身長・体重】173㎝・74㎏

【出身中学】西海

【名前】重松健太(3年)

【背番号】13

【投打】右・左

【打率】.500

【身長・体重】177㎝・80㎏

【出身中学】早岐

【名前】朝田裕己(3年)

【背番号】14

【投打】右・右

【身長・体重】166㎝・65㎏

【出身中学】波佐見

【名前】吉田星摩(3年)

【背番号】15

【投打】右・右

【身長・体重】168㎝・65㎏

【出身中学】広田

【名前】田中涼(3年)

【背番号】16

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】175㎝・79㎏

【出身中学】戸町

【名前】小畑優之(3年)

【背番号】17

【投打】右・左

【打率】1.000

【身長・体重】165㎝・68㎏

【出身中学】波佐見

【名前】山口京太朗(3年)

【背番号】18

【投打】右・右

【身長・体重】162㎝・57㎏

【出身中学】波佐見

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 
【地方大会】
 
波佐見 5-1 長崎西

波佐見 15-0 西海学園
(5回コールド)

■準々決勝
波佐見 5-4 創成館

■準決勝
波佐見 9-2 瓊浦
(7回コールド)

 

■決勝
波佐見 4-2 清峰
(延長10回)

 
 
【今回の波佐見のスポーツ紙の評価】
 
※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   B
報知   B
中日   C
サンケイ B

 

 

【戦力分析】
 
2014年、
波佐見中で全国制覇を成し遂げた
朝田裕己選手、村川竜也投手、村川大介選手、
山口裕聖選手らが
最上級生となった波佐見は、
経験とセンスを兼ね備えた選手が多く
投打とも着実に戦力を整えてきています。

 

投手陣は球威のある直球に加え
スライダー・スプリットなど
変化球の精度を上げている
主戦右腕 村川竜也投手が3試合で被安打5。

直球と変化球のコンビネーションで相手に的を
絞らせない左腕 隈田知一郎投手の
二枚看板で
長崎大会では交互に先発、
決勝では2人の
継投で16年ぶり3回目の夏の甲子園出場を決めました。

 

打線も強力。

小・中学時代に全国制覇を経験した
一番 村川大介選手は
長崎大会5試合で打率.583と好調、
一塁到達3秒8の俊足で
出塁すれば初球から
どんどんスタートを切るところも魅力。

 

中軸の内野裕太選手は長打力があり、
決勝では適時打で先制。

16年ぶりの甲子園で
どこまで勝ち進むことができるか注目です。


【関連記事】


【高校野球】夏の甲子園大会 2017 優勝候補・展望を予想!

 

スポンサードリンク




 

 - 高校野球